スタッフブログ

無垢の家 快適リモートワーク

2021/01/08(金) すべて

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願い申し上げます

 

 

年末年始はゆっくり過ごされましたでしょうか?

緊急事態宣言の発表があり、厳しい年明けとなってしまいましたが

必ず克服できる日が来ますので、今年も元気に乗り越えていきましょう!

 

さて、リモートワークがまた再開される企業も増えるかと思います。

自宅でお仕事をされる機会が増えて

通勤時間が無くなることは良かったけれど

自宅ではオンオフの切り替えが難しいと悩まれている方も多いようです。

 

 ワークスペース

 ちょっとしたスペースでも専用のコーナーがあると落ち着いて仕事に集中できますよね。

 

これから家づくりを考えていらっしゃる方も

小さなスペースで構わないので、書斎コーナーは作られた方がいいのではないでしょうか。

 

家での仕事となると一人集中したい時と、

誰とも話すことができない息苦しさを感じる時とがあると思います。

 

そんなリモートワークに吹き抜けロフト空間はとても理想的なのです!

繋がるロフト空間

こんな理想的なリモートワークスペースがあれば

オンオフの切り替えもしやすく

仕事もストレスなく進むのではないでしょうか。

 

こちらは新しくオープンした野田アーバンビレッジの展示場ですが、

大空間の吹き抜けロフトがあるので

書斎コーナーだけではなく、趣味のスペースを作ることもできました。

フィットネススペース

仕事に集中しすぎて疲れてきたら

少し運動してみたり、休憩をとったりと、自由に使うことができます。

 

そして一人きりの時間が寂しくなってきたら

繋がる吹き抜け

下のリビングを覗いて家族とコミュニケーションをとることもできるのです!

 

新しい生活様式といわれる昨今の住宅に

吹き抜けリビングに面したロフトはぜひ取り入れたい間取の一つだと思います。

 

集中できる書斎スペース

ロフトにそんなに高さが取れないときには

座の書斎もいいですね。

疲れたらそのままゴロンと横になることも出来そうです。

 

ロフトは下階の部屋と同じ空間でありながら

上下階としてのセパレート感がはっきりしているので

より個室に近い感覚で過ごすことができます。

家族の気配を感じながら独立した空間で作業ができる理想的なスペースになりそうですね。

 

そしてもうひとつ書斎コーナーとしてお勧めな場所は

ダイニングです。

リビングの一角などもいいのですが

リビングは家族が一番過ごす時間が長いので

どうしても集中し辛い環境になりがちかもしれません。

その点ダイニングは食事の時にメインに使われるところなので

食事以外の時間は比較的一人になりやすい場所でもあるのです。

キッチンのワークスペース

ダイニングの一角にこのような書斎コーナーがあれば

ちょっと資料を広げたくなった時には

すぐそばに大きなダイニングテーブルがあるので大きなデスクとして使うことができます。

 

リビングとダイニングが同じ空間になっているLDKの間取りが多いと思いますので

近くに家族がいながら一人のスペースとして使いやすい場所として

ダイニングも候補ですね。

タイルのキッチン収納

 

客間として普段あまり使わない和室がある場合は

和の書斎コーナーもいいかもしれません。

座の書斎

きっと静かに落ち着いて集中できます。

客間であれば普段あまり使われない場所ですし、片付いていると思いますので

zoomなど、リモート会議の時に映る背景も端正な床の間などが映って素敵ですよ。

 

コロナ対策で不便な生活が続いていますが

無添加無垢の家は空気のきれいな健康住宅ですので

自宅ワークの時間もきっと快適に過ごしていただけると思います。

 

住宅という部分から皆様の生活が少しでも向上されるように

これからも色々なご提案を発信していきたいと思っております。

 

2021年もどうそ宜しくお願いいたします。 

 社員集合写真

 

記事一覧|2021年1月

ページトップへ