スタッフブログ

無垢の家 外構が作る邸宅のイメージ

2021/01/24(日) すべて

こんにちは!

今回のテーマは「外構」です。

家づくりにこだわっているあまり、

ついつい外構のことは後回しになりがちなのではないでしょうか。

でも、外構って実は家のイメージを作る重要な部分なのです。

 

注文住宅を作ることになったとき

間取りや設備などの建物やインテリアについては誰しもいろいろ考えて

こだわりの我が家を実現しようと一生懸命だと思います。

予算もギリギリいっぱい使って夢のマイホームを作ろうとしてしまうあまり

 

「外構に使える予算が残っていない!」

 

実はこれ、よくあることなんです。

 

でも外構は建物のイメージをつくる上でとても重要な部分です。

 

だって外ですから。

見知らぬ人にも見られるんです。

 

どんなに立派な家が建っても、相応しい外構がなかったら

その家の印象はきっと半減してしまうでしょう。

 

外構次第で建物のイメージが変わってしまうくらい重要な部分だったりするのです。

 

 こちらの和モダンな平屋の家。

土地の高低差を上手く使った自然石の土留めやアプローチを兼ねた坂道のカースペース。

小高い丘の上の和風旅館みたいな素敵な外観です。

 

こちらは曲線を多用して、アイアン門扉や淡い暖色系の素材で洋風な外観を作っています。

ヨーロッパのリゾートを思わせるこんな邸宅になったのも外構デザインの役割が大きいのです。

 

もしこの外構が逆だったとしたら

きっと建物のイメージも違って見えたと思いませんか?

 

一般的に和風テイストにしたい場合は直線的な形や、落ち着いた色合いを使い、

 

洋風にしたい場合は曲線やレンガ、明るい色合いを使います。

 

 

そして外構や庭が建物やインテリアと大きく違っている点は

動きや変化があるということです。

 

一日の中でも昼と夜、晴れの日もあれば雪の日もある。

風が吹けば庭の木々が葉を揺らし、木漏れ日がきらきらと揺れるでしょう。

雨の音、道路を走る車の音、静かな時もにぎやかな時もある。

天気や季節、時間によって庭は刻々と形を変える動きのあるものなのです。

 

 

植栽があれば、植物の成長や季節による変化を楽しむ事が出来ます。

手入れが大変なのでと、最近では植栽をしない外構プランを希望される方も多いのですが

植木鉢を一つ置いてみるだけでも素敵ですよ! 

 

そういった変化を楽しめる外構に注目してみると

家づくりがまた一つ面白くなってきませんか? 

 

リソースタッフは外構についてもトータルでご提案出来ますので

気になる事があったら、なんでもご相談ください。

 

 

一つ一つ、ご希望を伺いながら外構プラン図面を作成してアドバイスさせていただきます。 

 

 

 3Dモデルハウス

 

 

 

 

 

 

記事一覧|2021年01月

ページトップへ