現場レポート

地域別|すべて

N様邸新築工事

宮代町

建築中レポート

1.2020年11月29日
天井下地の野縁がキレイに組まれ、内部の配線工事が始まりました。 天井の裏に線を這わせ、一本一本電気設備の図面通りに配線していきます。
電気工事 内部配線

天井下地の野縁がキレイに組まれ、内部の配線工事が始まりました。
天井の裏に線を這わせ、一本一本電気設備の図面通りに配線していきます。

2.2020年11月29日
見事な太鼓梁、平角梁は化粧として完成後も見えてきます。 存在感のある立派な梁ですよね!
内部 全景

見事な太鼓梁、平角梁は化粧として完成後も見えてきます。
存在感のある立派な梁ですよね!

3.2020年11月29日
外周の壁には断熱材が敷き込まれ、通気胴縁の施工が完了しました。 これにより、確り断熱するのと同時に空気が止まらず動くので、外壁同様に壁内結露を防ぐことが出来ます。天井下地も組まれました。
木工事 内部通気胴縁

外周の壁には断熱材が敷き込まれ、通気胴縁の施工が完了しました。
これにより、確り断熱するのと同時に空気が止まらず動くので、外壁同様に壁内結露を防ぐことが出来ます。天井下地も組まれました。

4.2020年11月29日
ユニットバスの組立が完了しました。 お施主様は1.25坪と少し大きめのサイズを選ばれました。
UB工事

ユニットバスの組立が完了しました。
お施主様は1.25坪と少し大きめのサイズを選ばれました。

5.2020年11月29日
梁の上に小屋束を建て小屋束の上を母屋が渡ります。 雲筋交いで小屋組みの歪みを補正し屋根が組まれていきます。 屋根の垂木間には壁同様、断熱材を丁寧に敷き詰めて施工しています。
木工事 小屋組み

梁の上に小屋束を建て小屋束の上を母屋が渡ります。
雲筋交いで小屋組みの歪みを補正し屋根が組まれていきます。
屋根の垂木間には壁同様、断熱材を丁寧に敷き詰めて施工しています。

6.2020年11月28日
外観の全景です。
外観 全景

外観の全景です。

7.2020年11月28日
屋根の瓦葺き工事が始まりました。 大きな大屋根に瓦が並ぶと存在感がありますね!
屋根工事 瓦葺き

屋根の瓦葺き工事が始まりました。
大きな大屋根に瓦が並ぶと存在感がありますね!

8.2020年11月15日
外壁の通気層確保の為に、通気胴縁を施工しました。 瓦葺きが終わりましたら雨押え板金を施し、無地のサイディングを貼り、 吹付塗装で仕上げていきます。
木工事 外通気胴縁

外壁の通気層確保の為に、通気胴縁を施工しました。
瓦葺きが終わりましたら雨押え板金を施し、無地のサイディングを貼り、
吹付塗装で仕上げていきます。

9.2020年10月25日
上棟式も無事終了しました。最後はお施主様からお心づかいも頂戴いただきました。 リソースタッフ一同お施主様には感謝の気持ちと立派な家が完成すように頑張ります。
木工事 上棟式

上棟式も無事終了しました。最後はお施主様からお心づかいも頂戴いただきました。
リソースタッフ一同お施主様には感謝の気持ちと立派な家が完成すように頑張ります。

10.2020年10月25日
お施主様からのご挨拶とリソー代表からのお礼の挨拶が 終わり棟梁の音頭で乾杯をします。 中締めは三本締めで決めます。
木工事 上棟式

お施主様からのご挨拶とリソー代表からのお礼の挨拶が
終わり棟梁の音頭で乾杯をします。
中締めは三本締めで決めます。

11.2020年10月25日
お施主様ご自身で建物四隅のお清めをして頂いております。
木工事 上棟式

お施主様ご自身で建物四隅のお清めをして頂いております。

12.2020年10月25日
お施主様とリソースタッフ一同は工事の安全やお家の繁栄を祈願します。
木工事 上棟式

お施主様とリソースタッフ一同は工事の安全やお家の繁栄を祈願します。

13.2020年10月25日
建方が終わり引き続き上棟式の準備に入ります。
木工事 上棟式

建方が終わり引き続き上棟式の準備に入ります。

14.2020年10月25日
屋根パネルを固定して屋根は完成します。更に屋根ルーフィングを張って建方は終了です。
木工事 建方

屋根パネルを固定して屋根は完成します。更に屋根ルーフィングを張って建方は終了です。

15.2020年10月25日
小屋組の母屋も収まりが完了しました。屋根構造が出来ました。
木工事 建方

小屋組の母屋も収まりが完了しました。屋根構造が出来ました。

16.2020年10月25日
小屋組に入りました。屋根の下地になる柱(小屋束)を所定の位置に取り付けます。
木工事 建方

小屋組に入りました。屋根の下地になる柱(小屋束)を所定の位置に取り付けます。

17.2020年10月25日
2階の床組一本一本全てプレカットされた梁と梁が繋がります更に金物で強くしています。
木工事 建方

2階の床組一本一本全てプレカットされた梁と梁が繋がります更に金物で強くしています。

18.2020年10月25日
樹齢80年以上の化粧タイコ梁が正確にプレカットされたホゾに収まります。
木工事 建方

樹齢80年以上の化粧タイコ梁が正確にプレカットされたホゾに収まります。

19.2020年10月25日
大黒柱は7寸その上に収まる化粧梁は尺5寸無垢材の木目が綺麗ですよ。
木工事 建方

大黒柱は7寸その上に収まる化粧梁は尺5寸無垢材の木目が綺麗ですよ。

20.2020年10月25日
建て方計画に沿って梁組の工程です。
木工事 建方

建て方計画に沿って梁組の工程です。

21.2020年10月25日
朝のミーティングが終わり作業の開始。 1階の柱を建て外周から梁を納めています。
木工事 建方

朝のミーティングが終わり作業の開始。
1階の柱を建て外周から梁を納めています。

22.2020年10月22日
基礎工事が完了していよいよ木工事の開始です。 土台には紀州産檜の4寸を使用しています。 アンカーボルト・ホールダウンボルト取付OKです。
木工事 土台敷き

基礎工事が完了していよいよ木工事の開始です。
土台には紀州産檜の4寸を使用しています。
アンカーボルト・ホールダウンボルト取付OKです。

23.2020年10月06日
立上りのコンクリート打設状況です。 耐圧版打設時と同様にバイブレーターを使用し適切な振動を与え、流動化させながら少しずつ送り込みます。そうすることで鉄筋の裏側まできちんとコンクリートを行き渡らせるとともに、空気やブリージング水をコンクリートから追い出していきます。
基礎工事 立上りコンクリート打設

立上りのコンクリート打設状況です。
耐圧版打設時と同様にバイブレーターを使用し適切な振動を与え、流動化させながら少しずつ送り込みます。そうすることで鉄筋の裏側まできちんとコンクリートを行き渡らせるとともに、空気やブリージング水をコンクリートから追い出していきます。

24.2020年10月03日
耐圧版ベタ基礎部分の打設時にコンクリートの厚みがきちんと定められた厚さになっているかを複数個所で確認します。
基礎工事 耐圧版コンクリート打設③

耐圧版ベタ基礎部分の打設時にコンクリートの厚みがきちんと定められた厚さになっているかを複数個所で確認します。

25.2020年10月03日
耐圧版ベタ基礎のコンクリート打設状況です。 バイブレーターを使用し、生コンクリートによく振動を与えることで内部から余計な気泡を除去し、セメントや骨材などコンクリートを構成する要素を均等化し均一に配筋に付着する様に丁寧に作業します。
基礎工事 耐圧版コンクリート打設②

耐圧版ベタ基礎のコンクリート打設状況です。
バイブレーターを使用し、生コンクリートによく振動を与えることで内部から余計な気泡を除去し、セメントや骨材などコンクリートを構成する要素を均等化し均一に配筋に付着する様に丁寧に作業します。

26.2020年10月03日
コンクリート打設の際、使用する生コンクリートのテストピースを6本採取します。 採取したコンクリートは7日目と28日目に各3本づつ圧縮破壊検査を行い、定められた強度の基準値を上回っているかの確認をします。 破壊検査の他にもスランプ試験、フロー値測定、コンクリートの温度、空気量、塩分測定も行います。すべて基準をクリアして初めて品質の良い基礎を施工することが可能です。 テストの報告書は建物のお引渡し時にお施主様にお渡しいたします。
基礎工事 耐圧版コンクリート打設

コンクリート打設の際、使用する生コンクリートのテストピースを6本採取します。
採取したコンクリートは7日目と28日目に各3本づつ圧縮破壊検査を行い、定められた強度の基準値を上回っているかの確認をします。
破壊検査の他にもスランプ試験、フロー値測定、コンクリートの温度、空気量、塩分測定も行います。すべて基準をクリアして初めて品質の良い基礎を施工することが可能です。
テストの報告書は建物のお引渡し時にお施主様にお渡しいたします。

27.2020年10月02日
着工からお引渡しまでの間に第三者機関 住宅保証機構(株)による検査が三回ございます。(配筋検査、構造検査、完了検査) そのうちの第1回目の検査である配筋検査が行われ、無事完了致しましたので、コンクリート打設工事へと移っていきます。
基礎工事 配筋工事

第三者機関住宅保証機構(株)の検査員のもと、配筋検査が行われました。
検査も無事完了し、次のコンクリート打設工事へと移っていきます。

28.2020年10月01日
基礎配筋の耐圧部の間隔、鉄筋径の確認状況です。
基礎配筋工事

基礎配筋の耐圧部の間隔、鉄筋径の確認状況です。

29.2020年10月01日
基礎配筋立上り部の間隔、鉄筋径の確認状況です。
基礎工事 配筋工事

基礎配筋立上り部の間隔、鉄筋径の確認状況です。

30.2020年09月25日
割栗石と砕石の敷き込み完了後、防湿フィルムを敷き込みます。 これから打設されるベタ基礎を地盤の湿気から守る目的です。
基礎工事

割栗石と砕石の敷き込み完了後、防湿フィルムを敷き込みます。
これから打設されるベタ基礎を地盤の湿気から守る目的です。

31.2020年09月25日
割栗石を敷き込んだ後は、割栗石より細かい砕石(1~40mm)を空隙部分に敷き込みます。 砕石敷き込み後、割栗石と同様にランマ―にてよく転圧していきます。
基礎工事

割栗石を敷き込んだ後は、割栗石より細かい砕石(1~40mm)を空隙部分に敷き込みます。
砕石敷き込み後、割栗石と同様にランマ―にてよく転圧していきます。

32.2020年09月24日
割栗石の敷き込み状況です。 ベタ基礎の下に割栗石を敷き詰めます。くさび効果により反力をアップさせ地盤を安定させる目的です。 敷き詰め後、複数回ランマ―にてしっかりと転圧していきます。
基礎工事 割栗石

割栗石の敷き込み状況です。
ベタ基礎の下に割栗石を敷き詰めます。くさび効果により反力をアップさせ地盤を安定させる目的です。
敷き詰め後、複数回ランマ―にてしっかりと転圧していきます。

33.2020年09月14日
いよいよ基礎工事が着工となりました。 これから建つ家の正確な位置及び高さを定めるために、正確な測量を行って墨を出し、図面上で決められている家の位置、高さを現場に出していきます。
基礎工事 遣り方出し

いよいよ基礎工事が着工となりました。
これから建つ家の正確な位置及び高さを定めるために、正確な測量を行って墨を出し、図面上で決められている家の位置、高さを現場に出していきます。

34.2020年09月09日
地盤改良工事状況。 地盤を掘り進めながら、水を混ぜたセメントを注入して土と混ぜて撹拌し、円柱状の固い地盤を築くことで地盤を強化していきます。
地盤改良工事

地盤改良工事状況。
地盤を掘り進めながら、水を混ぜたセメントを注入して土と混ぜて撹拌し、円柱状の固い地盤を築くことで地盤を強化していきます。

35.2020年09月06日
地鎮祭を執り行いました。 これからどうぞ宜しくお願い致します。
地鎮祭

地鎮祭を執り行いました。
これからどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

地域別 - すべて にある

その他の現場レポート

ページトップへ