無添加無垢の家 平屋の施工事例&特徴のご紹介

2023/05/14(日) すべて施工事例紹介

 

こんにちは。

 

単身世帯や核家族世帯、高齢者世帯などの小規模家族の増加、

度重なる災害やコロナ禍によって変化したライフスタイル、

エネルギー価格の高騰などによって

年々ニーズが高まっている「平屋住宅」。

自然素材の家 平屋

今回は弊社の「平屋の施工事例&特徴」をご紹介いたします。

 

 

 - 特徴1 スムーズな生活動線

 - 特徴2 大空間の広がり

 - 特徴3 省エネZEH基準の脱エアコン住宅

 - 特徴4 小屋裏スペースの活用

 

 

特徴1 スムーズな生活動線

平屋の外観

無添加無垢の空間

こちらはアーバンビレッジⅠ期 平屋+1モデルハウスです。

 

ワンフロアで家事動線や生活動線をコンパクトにまとめ、

ロフト部分には可変的に使用できる「+1」の空間を設けました。

 

平屋+1間取り

 

家事を効率的に行える間取りのポイントを3つご紹介いたします。

 

①3WAYの玄関

3WAYの玄関

玄関ドアを開けると、リビング、寝室、水廻りとそれぞれに続く3方向の動線が用意されています。

生活動線の良い玄関

寝室側には扉付のシューズインクローゼットを配置し、玄関をすっきりと見せることができます。

 

 

②一直線の水回り

一直線の水回り

水回りの動線を一直線につなぐことで、家事を行う際の移動を最小限に抑えた無駄のない家事動線です。

水回りのスムーズな動線

毎日行うことだからこそ、家事をスムーズに行える動線をご提案しております。

 

③各所に設けた収納

収納の多いLDK

階段下、キッチン裏、食品庫、ウォークインクローゼット、シューズインクローゼット。

各所にたっぷりの収納を設けました。

 

 

「平屋」は階段の行き来の必要がなく、コンパクトな生活動線となりますが、

弊社ではより効率の良いストレスフリーな動線をご提案いたします。

 

 

特徴2 大空間の広がり

和モダンな平屋外観

こちらはアーバンビレッジⅡ期 Gモデル棟です。

G号棟LDK

LDK18帖。

屋根の勾配を活かした縦の広がり、リビングから一続きになったウッドデッキの横の広がりで実際の広さ以上の開放感がございます。

 

平屋間取り

廊下を設けない間取りにすることで、

・居室スペースを広く取れる

・スムーズな生活動線

・住まい全体の室温が均一になり、ヒートショック等の健康被害の軽減につながる

等の様々なメリットがございます。

 

LDKを南側に配置し、大きな窓を設け自然の光や風の心地よさを最大限に味わうことができます。

 

 

先ほどご紹介した「アーバンビレッジⅠ期モデルハウス」は延床約36坪、

こちらは延床約25坪と一回り小さなモデル棟です。

 

また違った生活動線の

・ご家族用の玄関として使用できるエントランスクローク

・玄関とホールの2方向から向かえる洗面室

・2部屋から出入りのできるウォークインクローゼット

と間取りの違いもぜひチェックしてみてください。

 

エントランスクローク

アーバンビレッジⅡ期Gモデル棟のエントランスクローク。

造作洗面室

玄関とホールの2方向につながる洗面室。

 

特徴3 省エネZEH基準の脱エアコン住宅

 

ZEH(ゼッチ)とは「使うエネルギー ≦ 創るエネルギー」になる省エネ住宅のことです。

 

弊社では使うエネルギー(暖房、冷房、給湯、照明、換気)を最小限に抑えるため、

・高断熱、高性能なサッシ

・太陽の熱や光、地熱、風などの自然の力を活かした設計手法(パッシブデザイン)

・独自の快適性能『エコ通気システム』

を取り入れることでZEH基準の省エネ住宅を提供しております。

 

お客様のご希望によって「創るエネルギー=太陽光発電」ももちろん導入することが可能です。

 

 

居住空間が屋根の真下にあることで「夏は暑く、冬は寒いのでは?」と思わることの多い平屋。

省エネ住宅でありながら「脱エアコン」を目指す、弊社の設計仕様について2つご紹介いたします。

 

①エコ通気システム

切妻屋根の平屋建て

平屋LDK

平屋LDK

埼玉県宮代町 N様邸 施工事例写真

 

2方向に勾配を付けた切妻屋根を採用。

メリットはシンプルな形状ため雨漏りしにくく、メンテナンスもしやすいこと、

そして小屋裏スペースが広く取れることが挙げられます。

小屋裏スペース

小屋裏には全棟で導入している『エコ通気システム』のダクト付小屋裏換気装置、換気口がございます。

 

このシステムによって夏の熱気・湿気は自然の風と空気の流れを利用して小屋裏から屋外に排気するため、室内に熱がこもりません。

 

冬は屋根・壁の外側通気層で暖められた空気を上昇気流にのせて屋根最上部から室内に取り込み、

床下と小屋裏の換気口を閉じることで断熱・気密性を高め、家全体を魔法瓶の状態にすることで自然な暖かさが住まい全体を包みます。

 

エコ通気システムについて詳しくはこちらをご覧ください。

自然エネルギー利用 エコ通気システム

 

 

②パッシブデザイン設計

パッシブデザインとは自然のエネルギーを活かす設計手法で、電気やガスの使用量を減少させることができます。

 

例えば、こちらのアーバンビレッジⅠ期モデルハウスには南側に庇がございます。

庇のある平屋

季節によって太陽の高度は変わり、夏は高く冬は低くなります。

庇があることで

夏の高い位置からの強い日差しを遮り、室温の上昇を抑え

冬の日差しは室内の奥まで取り込みぽかぽかの室内に。

 

自然風を調べる

また、建築の際には季節・立地ごとの太陽の日射量や風の流れを調査し、通風・排熱をデザインしております。

特にワンフロアですべての部屋を収める平屋は、採光・通風ともに不足しがちなため注意が必要です。

 

パッシブデザインについて詳しくはこちらをご覧ください。

住む人の健康と環境に優しいパッシブデザイン

 

 

ご紹介した2つの手法、

「エコ通気システム」+「パッシブデザイン設計」により、

エアコン1台で1年を通して快適な室内環境を実現いたします。

 

特徴4 小屋裏スペースの活用

エコ通気システムでご紹介した小屋裏スペース。

収納に使うだけではもったいない!ということで、有効活用されているお施主様の事例をご紹介いたします。

 

書棚をDIYした小屋裏

ご自身で書棚をDIYされ、自分のお気に入りの雑誌や本を並べたおうち図書館。

 

書斎になる小屋裏

こちらはおこもり空間を活かした集中できる書斎スペース。

 

趣味を楽しめる小屋裏

音楽好きのお施主様の趣味を存分に楽しめるスペースなど、

小屋裏スペースの使い方は多種多様です。

 

 

 

無添加無垢で造るリソーケンセツの平屋。

木の香り漂う空気の綺麗な健康空間は心も体も満たされます。

 

今回間取りと共にご紹介した

アーバンビレッジⅠ期 平屋+1モデルハウス

アーバンビレッジⅡ期 Gモデル棟

ともに室内をご見学いただけます。

 

ぜひ平屋をご検討中の方はお気軽にお問い合わせください!

 

 

 

無添加無垢の家資料請求 無添加無垢の家展示場予約

 

1ページ (全15ページ中)