menu
無添加無垢の家
エコ通気システムの家
リソーケンセツ電話番号

能登・和倉温泉にて リソー匠会 定例会2

公開日:2018年02月26日

<リソー匠会定例会報告 2日目>

 

しばらくぶりの更新です。

忘れている方もいらっしゃるかもしれません。

今回の無垢クラブ通信でもご紹介させて頂きました。

 

 

 

 

前回からのつづきで・・

ここはどこかというと、石川県和倉温泉、加賀屋さんの一室。

そうだ!

今回の匠会定例会で、北陸に来ておりました。

 

 

 

すっかり夜が明けてきました。

七尾湾の向こうに能登島が見えます。

素晴らしい眺めです。

 

 

 

加賀屋さんを出発前に目の前の海をバックに記念撮影をします。

あたたかいおもてなしと、きめ細かい心配りをありがとうございました。

 

 

 

 

本日の予定は、金沢市内の研修?(観光??)がメインです。

 

 

まずは、ひがし茶屋街(ひがしちゃやがい)の名称で知られている、

県内屈指の観光スポットでもある金沢市東山。

 

茶屋町創設時から明治初期に建築された茶屋様式の町家が多く残っています。

重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

 

 

この街並みは、なかなか見れないですね。

全部木造です。

縦格子がさらに日本建築らしい印象を与えますね。

我々も建築屋さんですので、皆興味深々です!

 

 

茶屋街の中に、「黄金の蔵」を発見しました。

さて早速、蔵の中をみてみましょう!

 

 

豪華絢爛とはこんな感じでしょうか?

 

 

 

ひがし茶屋街を後にします。

次は、金沢兼六園に向かいます。

 

兼六園(けんろくえん)は、金沢市にある日本庭園です。
百万石前田家の庭園として造られた特別名勝・兼六園は、水戸の偕楽園、岡山の後楽園とともに、日本三名園の一つに挙げられます。

あいにくのお天気でしたが、とても美しい庭園です。

 

 

冬の風物詩・雪吊りです。

もう少し雪があるぐらいの方が絵になりますね。

中央にいるのは、日本武尊(やまとたけるのみこと)です。

 

ここで記念撮影です。

皆防寒フル装備ですね!

 

 

金沢城公園と隣接していて、高台にある兼六園です。

金沢市街を見下ろす事ができます。

 

 

これだけの庭園ですから、維持管理も相当大変だと思います。

いつもおつかれさまです。

 

 

 

金沢市民の台所として知られる人気の観光&グルメスポット「近江町市場」です。
地元のお客さんや観光客で連日にぎわっています。

近海で採れた新鮮な魚介類が豊富にそろっています。

 

 

お土産の品定め中ですか?

見ているだけでも楽しくなってきます。

 

 

 

 

市内の観光を終えて、金沢駅に戻ってまいりました。

 

 

最後に紹介するのは、金沢駅東口の正面に構える鼓門です。

金沢で盛んな能楽で使用される伝統芸能に使われる鼓をイメージした作りとなっているそうです。

 

 

古都金沢を去るのが、名残惜しい・・・

「なごり雪」となりました。

 

鼓門の後ろ側は大きなドームになっています。

雪や雨が多い金沢で、”駅を降りた人に傘を差し出す、もてなしの心”を形にしたドームです。

 

その後、北陸新幹線で埼玉までの帰路につき、リソー匠会定例会は終了となりました。

北陸の豊かな自然と文化に触れて、また新しいパワーを頂いた気がします。

 

 

リソー匠会スタッフ一同、

今回、日本の良き伝統と建築、文化に触れることが出来ました。

お客様のオンリーワンの家造りに、今回の経験を活かしていきたいと思います。

今後とも、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

<追伸>

バスの中でいただきました、

石川県の県木 アテ(档)

別名:あすなろ

 

その葉を少し財布の中に入れておくと、

当てにしなかったお金が入って来ると言い伝えがある縁起の良い葉だそうです。

 

ちなみに“あすなろ”とは漢字で「翌檜」「翌桧」と表記されるように、
明日はヒノキになろう!

明日こそヒノキになろう!

といつも前向きな姿勢でヒノキを目指し、日々を過ごしているそうです。

 

とても良いお話ですね。

明日からも頑張ります!

 

 

 

 


カタログプレゼント
電話番号