menu
無添加無垢の家
エコ通気システムの家
リソーケンセツ電話番号

普段はあまり見られない部位編【屋根下地】

公開日:2018年09月11日

こんにちは。

施工管理部の堤です。

そろそろ夏の暑い日差しも落ち着き、秋の涼しい風が吹いてきましたね。

今回は「完成してしまうと見ることの出来ない部位編」第一回ということで、

屋根瓦の下がどんな風になっているのかご紹介します。

 

屋根下地(野地板)をあらかじめ大工が加工場にてパネル状態にしたものを作成し、

上棟時に組み上げます。

その後、その日の内に防水シートまで張り込みます。

この黒いシートが屋根全体を覆ったところで上棟は終了です。

 

さて、この防水シートですが、弊社は透湿に優れたものを採用しています。

このシートを使うことによって、屋根瓦の隙間から小屋裏に溜まった家内部の湿気を逃がし、

家を全身呼吸させることが可能になります。

結果として屋根裏の結露を防いで、長寿命住宅を実現することが出来るのです。

 

防水シートの上に流水テープを流して瓦桟に水が溜まるのを防ぐ施します。

その後瓦を引掛ける瓦桟を止めつけします。

 

屋根の際と壁際には漏水防止策としてガルバニウム鋼板で板金し、

前もって雨樋を施工しておきます。

漏水しやすい場所には施していますのでご安心下さい。

 

屋根一面に張られると壮観ですね。

 

昇降機で瓦を屋根に運びます。

 

大量の瓦が乗りました。

 

この大量の瓦を先程ご紹介した瓦桟に引っ掛けて↓の穴から瓦桟に一枚一枚ビスでしっかり固定する耐震施工です。

屋根の軽量化と耐久性に勝る陶器瓦が総合的に一番良いと弊社では考え採用しています。

 

この現場は太陽光発電用のパネルも乗せるので、そのための下地も同時にしっかりと施工され、

漏水のリスクを回避させます。

緑で囲った部分が太陽光パネルを乗せるための金具です。

因みに黄色の部分は天窓です。この状態はなかなかお目にかかれない風景ですよ!

 

普段はあまり見る事の出来にくい屋根ですが、

屋根は建物の骨組みや外壁と同じく大変重要な主要構造の部位です。

超長期、風雨や日光から建物を守る大切な役割を果たします。

 

無添加無垢の家づくりの匠技で屋根を守っていますのでどうぞ弊社におまかせ下さい。

 


カタログプレゼント
電話番号